FC2ブログ
哲学デザイナー氷川影士からこぼれた言葉やイメージ。 From Eishi Hikawa, a Philosophical Designer, words and images spilled.
HOME
せめて、私はあなたの勇気でありたい
>>各カテゴリごとの記事一覧
>>Contents of EACH Category

Send Love Letters to Your Enemies


--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018/03/28 Wed
僕の親が、
子供時代の僕から奪えなかったものは、好奇心だけだ。
僕に残ったもの、僕が守れたものは、たったそれだけだった。

それでも、
それだけが、僕に残ったことを、僕は神に感謝する。
あぁ、好奇心は、どれだけ人間を豊かにしてくれるか!

子供たちよ、
どうか、好奇心だけは失わないで。
どうか、世界から目を背けないで。

何でも良い。
自然でも良い。読書、マンガ、芸術、スポーツ、音楽、テレビ・新聞何でも良い。
君の周りのもの、歴史でも文化でも科学でも何でも良いんだ。

心の目を開いておいて。
世界に興味を持つんだ。
辛い子供時代を過ぎれば、君はいつか、君の世界に飛び立てる。

好奇心は君の翼だ。
世界に羽ばたく君の翼だ。
今のうちに、翼を大きく育てておけ!いつか高く遠く自由に飛んでいくために!!



⇒Back to "Contents" page

関連記事
スポンサーサイト


2018/03/20 Tue
親に否定され続けた子供の傍に寄り添いたい。

I want to snuggle with the child who had been continually denied by his parents.


⇒Back to "Contents" page

関連記事


2017/12/27 Wed
無垢なる愚かさは美しい。
その美しさを愛でる気持ちは生存の本能であり、人は抗えないものである。
人は、その美しさの本質が愚かさであることに目を背け、
美として昇華する。

美は人を盲目にする。
故に恐怖なのだ。
例え美として礼賛したとしても、
盲目になってはならない。
それが愚かさである、という本質を見つめ、
それを行動としてはならない。

正義、道徳、あるいは教義や理念。
それらについて、愚かさが昇華された美として、
礼賛しているものでないか、
批判的な目を向けることから逃げてはならない。

本質を見つめることは、
自己否定に繋がる恐怖であるが、
盲目のまま行動することの方が真の恐怖であることを
忘れてはならない。

自己否定を肯定できることは勇気である。
恐れても良い。しかし逃げるな。
目を背けず、美の本質を見つめよ。
愚かさを繰り返してはならないのだから。

⇒Back to "Contents" page

関連記事


2017/09/26 Tue
仕事人内閣の「仕事」って、
議会を葬ることだったのですね。
まさに、必殺!

他には「仕事」してない内閣でした・・・

関連記事


2017/08/26 Sat
成功を確信するために考えるのではない。
失敗を納得しておくために考えるのだ。

Click to Read More [覚悟 Volition]...
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。