リアリティの無いお化け

Now a page about "リアリティの無いお化け" in this blog is displayed.
HOME≫Category:リアリティの無いお化け

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016/10/26 Wed
戦争に勝つ力など私には要らない。
戦争を必要としない力が私は欲しい。

The power which wins a war is not necessary for me.
The power which doesn't need a war is what I want.

⇒Back to "Contents" page

スポンサーサイト


2016/04/13 Wed
悩むことを楽しめ。
楽しんで悩め。
それは贅沢な時間である。

⇒Back to "Contents" page

Click to Read More [悩むことを楽しもう! Enjoy worrying!]...


2016/04/01 Fri
ある人間にとっての真実とは、
その人間にとっての願望に過ぎない。

見たいと欲するものだけを見て、
信じたいと欲するものだけを信じ、
それ以外については否定したものを、
「真実」と呼んでいるに過ぎない。

⇒Back to "Contents" page



2016/02/18 Thu
人ではなく、手段を罰せよ

Not a person, punish the means.

⇒Back to "Contents" page



2015/07/20 Mon
ChinaJapanLoveIslands

今、恋人たちは どう思っているだろう?
その子供たちは どう思っているだろう?

ある国が 自分たちの正しさを語る時
別の国が 自分たちの正しさを語っている
二人とも 同じ正しさを語っているのに
二人とも 同じように相手を否定している
同じ論理構造の中で 自分だけの論理の中で
ただ自分たちのみ正しいと ただ言い張るだけだ

神は国境を作ったか?
そもそもこの地球に国境はあったのか?
この地球は誰のものであるのが正しいなんて
誰が正しい答えを言えるんだ?

根拠のない正しさを競い合って
それが正しい結論を導くのか?
そんなことをまだ続けるのか?

実はただ
仲良く使えば 良いだけなんじゃないか?
そのためのルールを決めれば 良いだけなんじゃないか?

例えば
二つの国の ”友好の公園”ってことでどうだ?
公共の施設を 利用するように
”資源利用料”を 払ったらどうだ?
魚を獲ったら
その量に応じて 利用料を相手国に払ったらどうだ?
海底資源も
利用した分だけ 利用料を相手国に払ったらどうだ?

もしも そんなこともできないなら
いっそ、その島は独立しちまえば良い
どちらの国でもなく 独立しちまえば良い
そしてその国は
二つの国を跨いだ 恋人たちに生まれた
二つの国籍を持つ 子供たちの国にすれば良い
”二つの国の愛の象徴”
そんな子供たちのための
”二つの国の愛の国”になれば良い


多くの恋人たちが 国境を越えて愛を深め
多くの子供たちが 国境を越えて生まれている
もはや
人も その愛も
鳥や風のように
簡単に国を 超えているのに
そんな今に
国境の引き合いに 争うのかい?

相手の国が 正しさを主張している中で
自分の国の中で お金で土地を購入したからって
それが 何の解決になるんだ?

ねぇ
仲良く使わないか?
そのためのルールを決めないか?
それが無理なら
いっそ
独立させちまえば良い
”二つの国の愛の国”として


今、恋人たちは どう思っているだろう?
その子供たちは どう思っているだろう?



⇒Back to "Contents" page

Click to Read More [二つの国の愛の島 两国爱情岛 Islands for love between two countries]...


2015/07/11 Sat
幸福とは、私の中にあなたがいることです。
たとえあなたの中に私がいなくても。

It is Happiness that you are in me, even if I'm not in you.

幸福是你在我中的。即使我不在你中。

そして、もしあなたの中に私がいるなら、それに勝る幸福があるでしょうか。

And if I'm in you, is there happiness more than it?

如果我在你中,会有胜过那个的幸福吗?


⇒『幸福論1』も参照する。 See also the entry "the theory of Happiness No.1"

⇒『幸福論2』も参照する。 See also the entry "the theory of Happiness No.2"

⇒Back to "Contents" page

Click to Read More [幸福論3 the theory of Happiness No.3]...


2014/12/24 Wed
クリスマスに、子供にとって必要な経験は、

クリスマスになると物がもらえる、
ということではなくて、

自分は幸福である
という、将来に渡って抱き続けられる実感である

その幸福を子供が自発的に、
親からの押し付けではなくて、
実感できるようにすることこそを、
親はプレゼントとして子供にあげるべきなのだ。

誕生日も同様だ。

そのために、
親は、そもそも、
子供が感じるべき幸福とは何か、
それを認識すべきなのだ。


⇒Back to "Contents" page

Click to Read More [クリスマス・プレゼント Christmas Present]...


2014/09/21 Sun
"人は同じ言い訳を一生繰り返す。"

なぜなら、言い訳とは、その人の自己肯定のための方法であり、
そこで自己を正当化している以上、
反省してそれを直すことはしないのである。

「言い訳」は、その人の善悪観なのだ。

よって、人は同じ過ちを繰り返し、同じ言い訳を繰り返す。


⇒Back to "Contents" page



2014/03/26 Wed
愛国心とは自己不安である。

爱国心自我不安

Patriotism is Anxiety for Self-existence.



観察してみれば良い。
それに縋っているものたちが、他にも同様のラベルに縋っていることを。

自己が確立していないために、ラベルに縋らないと、不安で生きていけないのだ。

そこには、他者への羨望と嫉妬からくる怒り、
及びその裏返しである他者への軽蔑によって、
安易に自己を確認しようとする感情があるのだが、
多くそれを本人が気づくことは無く、
それを指摘されれば、大抵は、それを見つめることもないままに、
激しく怒りの感情を持つものである。

自己の不安を指摘されることは、
当人にとっては、まさに生死に関わる問題なのだ。
本人にとっては必死で否定せねばならないことなのである。

だが、本人がどんなに否定しようが、
その本人はある場面で、
人種主義者またはそれと同種の論理で自己の優越をうたい、
他人を軽蔑しているのである。
Uneducatedな人間は、それを普段から表現し、
Educatedな人間は、通常人前ではそれを表現しないが、
気を許した場面で表現する。

(初出2010/10/28)

⇒Back to "Contents" page



2013/06/23 Sun
幸福も平和も その土台となるものは"信頼"である。
その"信頼"とは、互いの、"理解"、"共感"、ブレない"信念"によって成立するのだ。



⇒Back to "Contents" page


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。