おこぼれ詩

Now a page about "おこぼれ詩" in this blog is displayed.
HOME≫Category:おこぼれ詩

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/08/05 Sun
絶望に 希望を
孤独に 共感を
 君の優しさが 本物ならば
 どうか僕には 関わらないで

僕は ここにいるよ
君のそばに ずっといるよ
 僕はただ 一人になりたい
 どうか僕には 近づかないで

ねぇ 僕に何ができる?
できることなら なんでもするよ
 ねぇ お願いだから 
 僕の心を もう荒らさないで

僕も 同じだよ
僕には 分かるよ
 知ったかぶった共感は 誰のためだ?
 知ったかぶった教官は 誰のためだ?

君が変われば 世界が変わるよ
君には無限の 可能性がある
 僕の世界は 闇夜の砂漠
 無限の闇の 不変の砂漠 

死ぬなんて いけないこと
生きることを 諦めないで
 諦めだけしか 僕にはない
 諦め以外に 何があるのか

絶望に 希望を
孤独に 共感を
 希望が 絶望を生む
 共感が 孤独を生む

 言葉には 価値がない
 僕はもう 何も言わない


絶望に 希望を
孤独に 共感を



絶望に 希望を
孤独に 共感を



絶望に 希望を
孤独に 共感を


⇒Back to "Contents" page

スポンサーサイト


2012/04/30 Mon



  桜が満開だったから 死にたくなった


  夜が明ければ その散り際を見せつけるのであろう桜達は

  闇から僕を見下ろして 一斉に嘲り笑っていた


  僕は 死にたくなった




⇒Back to "Contents" page



2012/02/23 Thu
あなたのことしか 考えられない
あなたのために 生きられたなら
それでよかった なのに
あなたにそれは 全くの無価値
あなたのために 死ねたなら
それでよかった なのに
あなたにそれは 全くの無価値

あなたのことしか 考えられない
私の中には あなたしかなく
あなたの中には 私などない
私の中には あなたのない私
私にそれは 全くの無価値
私の中には 私のない私
私にそれは 全くの無価値

あなたに私は 全くの無価値
私にそれは 全くの無価値
私の人生は 全くの無価値
私の未来は 全くの無価値
死のうが生きようが 全くの無価値

5年後、10年後の私?
考えられない

考えられない

これからの私 全くの無価値
死にたくなる
あなたにそれは 全くの無価値
あなたにそれは 全くの無価値

もう、良いでしょ 死んでも。
私にそれを許さない 私の背負った私の責任
無価値な私の 私の責任
なのに
あなたにそれは 全くの無価値
あなたにそれは 全くの無価値
責任だけの 無価値な私
あなたにそれは 全くの無価値
あなたにそれは 全くの無価値


⇒Back to "Contents" page



2011/11/07 Mon
忘れたい
忘れられない
一生背負うの
こんな思い


Click to Read More [want to forget, can not forget]...


2011/10/12 Wed
本当の 思いはいつも
言葉に出来ない
言葉に出来ない
胸に秘めて 思うだけ 思うだけ
あとは風に 託すだけ

Click to Read More [言葉に出来ない can't make it words]...


2011/10/07 Fri
美味しいものを食べ終えて
「ごちそうさま!」と言うのが
一番好きだ。

美味しくないものを食べ終えて
「ごちそうさま!」と言うのが
その次に好きだ。



2011/08/10 Wed
焼けたアスファルトの上の
干乾びた蝉の死体のやうだ
俺は
毎日命を焦がして
目的地も無く歩いている

Click to Read More [焼けたアスファルトの上で on burned asphalt]...


2011/08/04 Thu
不意に見る リアルな悪夢
自分が恐怖の 奴隷だと知る
エスに潜みし 絶望の闇
今も私を 縛り続ける

断ち切ってくれ この鎖を
声は誰にも 届きはしない
学んだはずだ 子供の頃に
祈りも希望も 無意味なのだと

また眠るのが もう怖くなる
全身の脂汗すら 恐ろしくなる
闇の中には 残像が見える
這いずり出て来て 明りを点す

何かをしないと 狂い出しそう
無駄と知りつも ウィスキー開ける
瓶を咥えて 喉へと流す
喉から胃壁を アルコールで焼く

なぜ消えない? あの頃の恐怖
なぜこの脳は 悪夢を見せる?
答えておくれ 闇夜の黒猫
私は恐怖を 断ち切れないのか?

もう一口と ウィスキー飲み干す
私の内壁がまた じわりと焼ける
身動き取れぬ 時間が流れる
私を見つめる 黒猫はまだ
黙ったままで 答えをくれぬ
身動き取れぬ 時間が流れる
私にはもう 呪う気力も 残っていない


⇒Back to "Contents" page



2011/06/18 Sat
人間は、以下の2分類に大別される

a)自分のことが好きな人間
b)自分のことが嫌いな人間

私は自分のことが嫌いな人間が好きなのかもしれない
自分を除いて

Click to Read More [人間の分類 Classification of People 人们的分类]...


2010/12/22 Wed
死にたくなる。
死にたくなる。
死にたくなる。

逃避?

そう。
逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい。

不意に私を捉えている思考。

向き合う程に怖くなる。

逃げられない逃げられない逃げられない。
私の責任が、私を逃がさない。

重い重い重い重い。
私の責任が、私を押し潰す。

逃げられない逃げられない逃げられない。
私の責任が、私を締め付ける。
雁字搦めに、私を締め付ける。

締め付けられるから、
逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい。

締め付けられるから、
逃げられない逃げられない逃げられない。

雁字搦めの逃げたい思考。
雁字搦めの死にたい思考。

(頭から繰り返し)

⇒Back to "Contents" page


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。