「死にたい」と 君は言った。 "I want to die" you said.

Now a page about "「死にたい」と 君は言った。 "I want to die" you said." in this blog is displayed.
HOME弔へ、おセンチ「死にたい」と 君は言った。 "I want to die" you said.

2016/02/01 Mon
「死にたい」と 君は言った。
例えば 僕が死んだら
例えば 僕が死を選んだら
君は何を 思うだろうか。

「死にたい」と 叫んだ君に
かける言葉は 一つも無かった。
お決まりの ドラマのようには
君の言葉を 茶化せないから。

叶うので あったなら
本当はただ 抱きしめたかった。

「死にたい」と 君は言った。
もしも 君が死んだら
もしも 君が死を選んだら
その後で きっと僕も。

「死にたい」と 言った君を
ずっと 見ていた。
「死にたい」と 言った君が
死んでしまわないよう
ずっと 見ていた。
気付かれないよう
ずっと 見ていた。
怖くて 怖くて
ずっと 見ていた。
かける言葉は 一つも無かった。

本当はただ 抱きしめたかった。

ごめんね。

「死にたい」と 言った君が
生きているというだけで
僕は救われます。

ありがとう。


<関連作品>
「死」についての物語
⇒『「死」についての物語』を参照する

(2011/1/6 初回掲載)
(2016/2/1 再掲)


"I want to die" you said.
For example, if I died,
For example, if I chose dying,
What do you think of?

"I want to die" you shouted,
but I had no word to you.
Because, I couldn't make light of your words
like a conventional drama.

If I could have a wish,
I only really wanted to hold you tight.

"I want to die" you said.
If you really died,
If you really chose dying,
after that, I also must.

"I want to die" you who said so,
I watched anytime.
"I want to die" you who said so,
for not making you die,
I watched anytime.
Without you noticing,
I watched anytime.
I'm so scared and scared,
I watched anytime.
But I had no word to you.

I only really wanted to hold you tight.

I'm sorry.

"I want to die" you who said so,
By only the thing you live still,
I can be saved.

Thank you.


⇒Back to "Contents" page

関連記事
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
最近コメントできてなくて申し訳ないです。
なんだか心にじ~んときましたよ!最後の「ありがとう」は反則ですよ!!w
胸がいっぱいになりました^^
2011/01/07 Fri 09:40 | URL | 楓・w・ #-
>楓・w・さん
コメントありがとうございます。
琴線に触れるものがあったなら、幸いです。
2011/01/07 Fri 23:18 | URL | Hikawa, Eishi #-
否定するでもなく、何も言えない。

これが、本当の気持ちだと思います。

ご訪問ありがとうございます。
2011/01/09 Sun 23:32 | URL | キャサリン #-
>キャサリンさん
コメントありがとうございます。
共感して頂ける部分があったなら、幸いです。
2011/01/10 Mon 16:04 | URL | Hikawa, Eishi #-
死にたい気持ちがある人は
決して軽々しい気持ちで
死にたいと口にする訳じゃないんですよね
安易に否定するのは寄り添えてないような気がして、かといって肯定していい事でもない

私は死にたいと思ってしまう側の人間なので
色々と考えてしまいました
現代社会における人の生き死にには
正解などないんでしょうね
2016/02/06 Sat 15:47 | URL | 詩想鳥 #-
>詩想鳥さん
コメントありがとうございます。

>安易に否定するのは寄り添えてないような気がして、かといって肯定していい事でもない

本当にその通りですよね。

”本当はただ 抱きしめたかった。”
抱きしめてあげられたら、良いのでしょうか。

私の作品で、いろいろと思うところがあったようで、
作者としては幸いです。

2016/02/07 Sun 02:28 | URL | Hikawa, Eishi #-
コメントを投稿する
※Attention
"@"(半角のアットマーク)を禁止ワードに設定しています。
"@"はMailでも使わないでください。
必要な場合は全角@にするなど、別の文字に置き換えてその旨コメントに記載してください。
Don't use "@"(at mark). It's prohibited even in "Mail" input box.
Please use another character and let me know it.
URL:
Comment:
Password:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://hikawaeishi.blog11.fc2.com/tb.php/321-b6da6cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック