誰が自由であるのか? Who can be free?

Now a page about "誰が自由であるのか? Who can be free?" in this blog is displayed.
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOMEリアリティの無いお化け誰が自由であるのか? Who can be free?

2011/12/29 Thu
人間は自らが生み出したものの奴隷になる生き物だ

AManIsBeingASlave

A man is being a slave of what he made.


⇒Back to "Contents" page

関連記事
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
謹んで、新春のお慶びを申し上げます。
昨年は、からくり童子 風のジードをご訪問頂き、誠に有難う御座いました。
本年も、変わらぬご愛顧を宜しくお願いいたします。

からくりオム
2012/01/02 Mon 20:38 | URL | からくりオム #-
>からくりオムさん
明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

こちらこそ宜しくお願い致します。
2012/01/03 Tue 00:20 | URL | Hikawa, Eishi #-
コメントを投稿する
※Attention
"@"(半角のアットマーク)を禁止ワードに設定しています。
"@"はMailでも使わないでください。
必要な場合は全角@にするなど、別の文字に置き換えてその旨コメントに記載してください。
Don't use "@"(at mark). It's prohibited even in "Mail" input box.
Please use another character and let me know it.
URL:
Comment:
Password:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://hikawaeishi.blog11.fc2.com/tb.php/419-d066e644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。