君はミストフェリーズ You are The Magical Mr. Mistoffelees!

Now a page about "君はミストフェリーズ You are The Magical Mr. Mistoffelees!" in this blog is displayed.
HOME頑張ろう東北、頑張ろう関東君はミストフェリーズ You are The Magical Mr. Mistoffelees!

2012/07/15 Sun
まるで猫のような君
神出鬼没で
いつも我関せずで
それでいていつも君は
あの有名な魔術師猫のように
いとも簡単に
マイナスをプラスに変えてしまう

君はミストフェリーズ
いつだって冷静で
いつだって頼りになって
いつだって僕が念じれば
いつだって僕の前に現れて
いとも簡単に
マイナスをプラスに変えてしまう

だから
僕は今も念じ続けている
あの日から
ずっと
そうれば君は
君はきっと僕の前に現れて
いとも簡単に
マイナスをプラスに変えてしまう
そう、だろ?

君はミストフェリーズ
いつだって君は
僕を驚かせるんだ
君の美しい魔術
その時はきっと
ポンと一つ煙が立って
君はその中から現れるんだ

現れた君は
僕の好きな水色の薔薇を
一輪だけ手に持っていて
微笑みながら
僕にくれるんだろ?
そう、だろ?

君はミストフェリーズ
だから僕は念じ続ける
君はミストフェリーズ
君の魔術を見逃さないように
君が現れる時
君の最初の観客は
きっと僕だ

僕は拍手して、
スタンディングオベーションで君を迎える
僕は叫ぶんだ
Oh! The Magical Mr. Mistoffelees!

もうすぐ君は
僕の前に現れる
そう、だろ?


⇒Back to "Contents" page

関連記事
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
ミストフェリーズは『キャッツ』で有名なマジックをする猫ちゃんですね。以前、劇団四季の公演で観ました。

ミストフェリーズとリアルな女性とリンクさせるのならば、冒頭の2行の説明は必要なかったような気がします。
『君はミストフェリーズ~』のフレ-ズで始まったほうがスマ-トで、お洒落な感じが、私はします。
2012/07/16 Mon 22:26 | URL | 美憂 #8Y4d93Uo
>美憂さん
いつもアドバイスありがとうございます。

冒頭の2行は消しました。

また、相手は女性に限定するというよりは、いつも頼りにしていた人、
例えば友人などが、何かをきっかけに会えなくなってしまった・・・
(例えば災害・事故など、何か突然の出来事で)
現れるはずはないのだけれど、でも、念じればまた目の前に現れてくれる気がする、
そんな気持ちを書いてみようと思いました。

ただ、作者としては、読み手の方が、ご自身にとってのミストフェリーズを、
自由に心に思い浮かべて頂けたら幸いです。
2012/07/17 Tue 02:41 | URL | Hikawa, Eishi #-
自分の言葉で他者に伝える時に、ダラダラと話したり、書いたりすると、少なくとも何かは伝わると思いますが『詩』という、ギュっと凝縮した(術)世界で伝えることは作者と読み手の感覚の違いで相違もあるだろうし、その分余波的な面白さのある世界でもあるなぁ。と思ったりしますが、私には凝縮することができなかったり、読み手の感覚にいちいち反応してしまいそうで、できません。
そんな私が感覚のみで氷川さんの詩にコメしているのです。アドバイスでは決してなく、感覚で素人が好き勝手に言っているのです。

「冒頭の2行はあってこそ、よかったのに。」と、思われている方のいらしたかもしれません。
冒頭の2行を削除されてしまったことに、とても恐縮しています。



2012/07/17 Tue 22:33 | URL | 美憂 #8Y4d93Uo
>美憂さん
コメントありがとうございます。

美憂さんのコメントは、いつもなるほどなぁ、と思いますし、
そのようなコメントを頂けるのは、とてもありがたく思っておりますので、
どうぞ恐縮されないでください。
それに実際に私が迷ったようなところも、ご指摘くださったり、
そういう意味では、感覚が似ている部分もあるように思います。

冒頭の二行、
「猫の好きな君
ミストフェリーズに憧れていた」

これは、正直に言うと、私のことです。。
その部分をご指摘されて改めて見ると、
なんか恥ずかしくなりました。
まず、なんとなくこの二行を書いたところから
始まったのですが、
なんとなく無いほうが良いように思いました。

また、「君はミストフェリーズ」から始めるか、
というところも悩みました。
「君はミストフェリーズ」で始めたほうが、
リズムもよく、きれいなように思いますが、
一方で、あまりきれいな形になっていると、
なんとなく軽くなってしまうようにも感じて、
ひとまず「まるで猫のような君」は残しました。

リズムの良い部分と、リズムが悪い部分と
それぞれの効果があるように思います。
うまく言えませんが。

皆さんのご意見はいろいろと伺ってみたいですし、
今後も是非お気軽にコメントを頂けると、
うれしく思います。

宜しくお願い致します。
2012/07/18 Wed 01:08 | URL | Hikawa, Eishi #-
コメントを投稿する
※Attention
"@"(半角のアットマーク)を禁止ワードに設定しています。
"@"はMailでも使わないでください。
必要な場合は全角@にするなど、別の文字に置き換えてその旨コメントに記載してください。
Don't use "@"(at mark). It's prohibited even in "Mail" input box.
Please use another character and let me know it.
URL:
Comment:
Password:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://hikawaeishi.blog11.fc2.com/tb.php/452-0fc54221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック