あなたを幸せにしたい I want to make you happy.

Now a page about "あなたを幸せにしたい I want to make you happy. " in this blog is displayed.
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOMEリアリティの無いお化けあなたを幸せにしたい I want to make you happy.

2013/01/21 Mon
あなたを 幸せにしたい
それだけを 考えてきた。
飾らずに ストレートに
大切なことを 伝えるなら
「信頼」
なのだと 私は思う。

幸せには 定義が無く
人それぞれで 定義するもの。
確かに それはそうだろう。
しかし 私は
あなたを 幸せにしたい
だから
あなたでも 同じように
幸せだと 感じる
普遍的で 本質的なものを
探してきた それが
「信頼」
なのだと 私は思う。

「絶対的な相互信頼」

私は あなたを 絶対的に信頼している。
あなたも 私を 絶対的に信頼して欲しい。

それで あなたは 幸せにはなれないでしょうか。


なぜ 「信頼」が 幸せ なのか?

人は皆 自らの
「存在価値の不安」に 脅かされているのではないか。
「存在価値の不安」を 打ち消すために 
自らの存在価値を 他者に肯定してもらいたいのではないか。
絶対的に 自らを肯定してくれる
その信頼を 得たときにこそ
人は自らの存在価値を 感じるのではないでしょうか。
人はそれを 「幸福」と 呼ぶのではないでしょうか。

神への信仰心も 結局
他者に自分を肯定してもらいたいという欲求の形。
「信頼」を 絶対者から 得ようとしている
不安の形、寂しさの形、それを打ち消そうとする足掻き。

愛も
それが戯れでなく
真の愛ならば 
絶対的な 信頼関係を 
基底としているべきではないでしょうか。


「絶対的な相互信頼」

それこそ 永久不変の幸せの形
一度築かれた 絶対の信頼は
例え離れ離れに なったとしても
決して消えない だからこその絶対の信頼

だから 本当の幸福は
相互の努力で 築きあげる関係性のことであり
一度築かれれば 永久に心に生き続けるものなのだ。


「絶対的な相互信頼」

個人の幸福も ひいては世界の平和も
それで実現 するのではないか。
私は本気で そう思う。


あなたを 幸せにしたい
それだけを 考えてきた。
飾らずに ストレートに
大切なことを 伝えるなら
「信頼」
なのだと 私は思う。

私は あなたを 絶対的に信頼している。
あなたも 私を――

あなたは 今 幸せですか。
そうあってほしいのです。


⇒Back to "Contents" page

関連記事
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
万事に、相互信頼が根底にあれば。確かに、そう思います。

私個人で言えば心に逃げ場を求めるので絶対、永久は重くもあり、言えない言葉でもあり、たぶん言われるのも嫌いな言葉の部類かもしれません。


2013/01/21 Mon 22:40 | URL | 美憂 #8Y4d93Uo
>美憂さん
コメントありがとうございます。

確かに、「絶対」「永久」は重いですね。
それでも、絶対・永久に、
相手を幸せにすることができたなら、なんてことを、
やっぱり考えてしまいます。
2013/01/21 Mon 23:13 | URL | Hikawa, Eishi #-
コメントを投稿する
※Attention
"@"(半角のアットマーク)を禁止ワードに設定しています。
"@"はMailでも使わないでください。
必要な場合は全角@にするなど、別の文字に置き換えてその旨コメントに記載してください。
Don't use "@"(at mark). It's prohibited even in "Mail" input box.
Please use another character and let me know it.
URL:
Comment:
Password:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://hikawaeishi.blog11.fc2.com/tb.php/463-4d164df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。