クリスマス・プレゼント Christmas Present

Now a page about "クリスマス・プレゼント Christmas Present" in this blog is displayed.
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOMEリアリティの無いお化けクリスマス・プレゼント Christmas Present

2014/12/24 Wed
クリスマスに、子供にとって必要な経験は、

クリスマスになると物がもらえる、
ということではなくて、

自分は幸福である
という、将来に渡って抱き続けられる実感である

その幸福を子供が自発的に、
親からの押し付けではなくて、
実感できるようにすることこそを、
親はプレゼントとして子供にあげるべきなのだ。

誕生日も同様だ。

そのために、
親は、そもそも、
子供が感じるべき幸福とは何か、
それを認識すべきなのだ。


⇒Back to "Contents" page

The experience which is necessary for children to get in Christmas is,

Not being able to get a present at Christmas,
But,

feeling "I am really happy",
which children can keep holding in future, and forever .

Children should voluntarily feel so,
not be pressed from parents,
children can actually and really feel so,
parents should give it to their children as a present.

A birthday is also like.

For it,
after all, parents should recognize,
"what is the happy which their children should feel is?"
That should be recognized by parents.


⇒Back to "Contents" page

関連記事
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
その通りですね!
子供は親を満たす道具でも思い通りに動かす駒でもない。
してほしい事に呼応して、望んでる事が出来るようにサポートする存在だと思うのです。
私は残念ながら真逆の親の下での暮らしでしたが、娘には極力そうありたいと生きて来たつもりです。が、不完全な親は最もやってはならない安全な家庭を保ってあげられませんでした。幸いにももう成人してますので親の役目は殆ど終わっております。
2015/07/17 Fri 22:35 | URL | carmenc #-
>carmencさん
コメントありがとうございます。

親が思う子供の幸せと、子供が自分で思う幸せとが、一致するかは難しいですよね。

子供が自分で幸せを実感できるように、また、何が幸せだと感じるべきなのか、といったことに、思いを巡らせてしまいます。
2015/07/18 Sat 00:08 | URL | Hikawa, Eishi #-
コメントを投稿する
※Attention
"@"(半角のアットマーク)を禁止ワードに設定しています。
"@"はMailでも使わないでください。
必要な場合は全角@にするなど、別の文字に置き換えてその旨コメントに記載してください。
Don't use "@"(at mark). It's prohibited even in "Mail" input box.
Please use another character and let me know it.
URL:
Comment:
Password:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://hikawaeishi.blog11.fc2.com/tb.php/495-f1648187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。