論点をシンプルに Make the points simple

Now a page about "論点をシンプルに Make the points simple" in this blog is displayed.
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOMEおこぼれ画論点をシンプルに Make the points simple

2015/07/16 Thu
安保_シンプルな質問_20150716_2


安倍総理は、国民の理解が進まない、国民の理解力が無いせいにされておりますが。

ひとまず。

シンプルに、この問題だけ、国民に納得のいく説明をされてはどうですか?

論理的な説明でないと、理解できないので、論理的にお願いします。

Q1. なぜ、与党が憲法解釈を変えられるの?


国民も、国民投票で憲法改正されるなら、十分に納得しますが。
なぜ、一総理の考えで解釈が変わってしまうの?

自民党でも、第一次安倍内閣が倒れた後、
これを進めようとした総理はいなかったのですが。

国際情勢に合わせて、と言いますが、
日本の集団的自衛権を喜んでいるのは、アメリカだけですよね?

安倍総理にとっては、アメリカの言われるがままに、
戦争に行けるようにすることが、国際情勢への対応ですか?

他の普通の国は、寧ろ、日本を警戒しますよね?
アメリカが戦争する、と言ったら、
一緒に日本も戦争に付いてくるだろうと思うでしょうしね。

国際情勢に対応するなら、アメリカが戦争する、といった時に、
日本は同盟国として、むしろアメリカの戦争を止めたり、
仲裁に入ったりすることが求められているのではないでしょうか?

それでこそ、日本だと思いますが。


Q2. なぜ、集団なの?

なぜ、個別自衛権では駄目で、集団的自衛権が必要なのでしょう??

この説明が全く分かりませんね。
隣の家の火事だとか、喧嘩に強い麻生君とか、いろいろ例も出てましたが、
的外れですよね。

抑止力、とか言いますが、なぜ、集団的自衛権が抑止力なのでしょうか?

アメリカの戦争に、日本が付いていくと、
なぜ日本に対する攻撃の抑止力になるのでしょうか?
アメリカの戦争なら、日本は、下手に参加しない方が、恨み買わずにすみますよね?
アメリカにくっついて戦争したら、
むしろ、日本も戦争相手として、標的になるわけですから、
むしろ、攻撃される理由を与えるわけですが。

どうみても、抑止力どころか逆効果ですよね。

他国にとって、日本への攻撃に対する抑止力になるのは、
あくまで、日本を攻めた時に、どうなるのか?
ということであって、それは、個別自衛権の問題ですよね。

(日本がどこまで自国の軍備を増強するのか、
あるいは、どこまでアメリカに守ってもらうのか、もらえるのか、
それはまた別の議論でするとして。)

日本が、他国の戦争に自ら参加できることは、
日本への攻撃の抑止力には繋がりませんよね?

論理が破たんしております。


どうしてそこまで、むちゃくちゃなものを、強引に通したいのでしょうねぇ、
当然、その先にあるもの、安倍総理の頭の中を、よーく見極めましょう。

引退した、元自民党議員の方々は、安倍総理を批判しておりますが、
引退しないと、与党にいる限り、何も言えないんでしょうねぇ。
与党の議員の方々は、国民の理解が進まない、同意を得られていないものを、
国民の声の代弁者たる代議士として、自分の考えを殺して、賛成してしまうことに、
良心の呵責はないのでしょうか?
それで、国民に選ばれた責任を果たしているのでしょうか?


こんな総理を選んでしまう国民(直接選んだわけではないけど)。
こんな総理の時に、選挙に勝てない、これまた国民に支持されない野党の方々。
野党共闘もできない。

こんな時に何ができるか、と考えると、
まぁ、せめて、画像でも作るか、と思いました。
一人でも、共感者が出てくだされば。

(2015/7/16 集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案について衆議院通過した日に。)
⇒Back to "Contents" page

関連記事
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
同意です。
よくぞ言って下さいました。
2015/07/17 Fri 03:26 | URL | carmenc #-
>carmencさん
コメントありがとうございます。

同意頂けて嬉しいです。

宜しくお願い致します。
2015/07/17 Fri 09:34 | URL | Hikawa, Eishi #-
コメントを投稿する
※Attention
"@"(半角のアットマーク)を禁止ワードに設定しています。
"@"はMailでも使わないでください。
必要な場合は全角@にするなど、別の文字に置き換えてその旨コメントに記載してください。
Don't use "@"(at mark). It's prohibited even in "Mail" input box.
Please use another character and let me know it.
URL:
Comment:
Password:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://hikawaeishi.blog11.fc2.com/tb.php/496-115818cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。