FC2ブログ

子供の翼は好奇心 Children's Wings are Curiosity.

Now a page about "子供の翼は好奇心 Children's Wings are Curiosity." in this blog is displayed.
HOMEスポンサー広告スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOMEリアリティの無いお化け子供の翼は好奇心 Children's Wings are Curiosity.

2018/03/28 Wed
僕の親が、
子供時代の僕から奪えなかったものは、好奇心だけだ。
僕に残ったもの、僕が守れたものは、たったそれだけだった。

それでも、
それだけが、僕に残ったことを、僕は神に感謝する。
あぁ、好奇心は、どれだけ人間を豊かにしてくれるか!

子供たちよ、
どうか、好奇心だけは失わないで。
どうか、世界から目を背けないで。

何でも良い。
自然でも良い。読書、マンガ、芸術、スポーツ、音楽、テレビ・新聞何でも良い。
君の周りのもの、歴史でも文化でも科学でも何でも良いんだ。

心の目を開いておいて。
世界に興味を持つんだ。
辛い子供時代を過ぎれば、君はいつか、君の世界に飛び立てる。

好奇心は君の翼だ。
世界に羽ばたく君の翼だ。
今のうちに、翼を大きく育てておけ!いつか高く遠く自由に飛んでいくために!!



⇒Back to "Contents" page

関連記事
スポンサーサイト

Comment
この記事へのコメント
好奇心は君の翼だ
 すばらしい詩ですね
 好奇心は君の翼だ! 同感です。
 そして、今、多くの子供たちに欠けているのは、まさに好奇心ではないでしょうか。
 それがどのように育まれるのか、おそらく自然の中で自由に遊ぶこと、それが重要かと思っているところです。
 草々
2018/03/28 Wed 09:21 | URL | レインボー #-
>レインボーさんへ
コメントありがとうございます。

好奇心がどのように育まれるのか。
本来、本能的に誰もが新しいものへの興味は持っているものではないかとも思います。
動物の子供たちですら、好奇心は旺盛ですし。
問題は、それをどう育んで、失わないようにするか、ということかもしれませんね。

新しいことを知る・体験する、ということに喜びを感じられるようにしないといけないですね。
自然の中で遊ぶこともそうでしょうし、
自然でなくても、自ら本やインターネットで気になったことを調べてみる、
気になるものを自分で行動して体験してみる、
そういった時に、未知のものが既知のものに変わることに感動する、
相手や対象のことをより知ることに感動する、
といった経験が尊重されるように、
家族や先生が子供の好奇心を否定しないで育ててあげる、
ということが重要なように思います。

例えば、ゲーム、マンガ、テレビといった娯楽からでも、
好奇心を持って接すれば、いろいろな情報や体験の入り口になっているはずです。
そういったものを否定せずに、子供が自主的に、
いろいろと興味を持って調べたりするような行動に繋がるように、
促していければ良いのではないでしょうか。
2018/03/28 Wed 19:15 | URL | Hikawa, Eishi #tEAcUDW.
コメントを投稿する
※Attention
"@"(半角のアットマーク)を禁止ワードに設定しています。
"@"はMailでも使わないでください。
必要な場合は全角@にするなど、別の文字に置き換えてその旨コメントに記載してください。
Don't use "@"(at mark). It's prohibited even in "Mail" input box.
Please use another character and let me know it.
URL:
Comment:
Password:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://hikawaeishi.blog11.fc2.com/tb.php/514-6be8950c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。