リアリティの無いお化け

Now a page about "リアリティの無いお化け" in this blog is displayed.
HOME≫Category:リアリティの無いお化け

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013/01/21 Mon
あなたを 幸せにしたい
それだけを 考えてきた。
飾らずに ストレートに
大切なことを 伝えるなら
「信頼」
なのだと 私は思う。

幸せには 定義が無く
人それぞれで 定義するもの。
確かに それはそうだろう。
しかし 私は
あなたを 幸せにしたい
だから
あなたでも 同じように
幸せだと 感じる
普遍的で 本質的なものを
探してきた それが
「信頼」
なのだと 私は思う。

「絶対的な相互信頼」

私は あなたを 絶対的に信頼している。
あなたも 私を 絶対的に信頼して欲しい。

それで あなたは 幸せにはなれないでしょうか。


なぜ 「信頼」が 幸せ なのか?

人は皆 自らの
「存在価値の不安」に 脅かされているのではないか。
「存在価値の不安」を 打ち消すために 
自らの存在価値を 他者に肯定してもらいたいのではないか。
絶対的に 自らを肯定してくれる
その信頼を 得たときにこそ
人は自らの存在価値を 感じるのではないでしょうか。
人はそれを 「幸福」と 呼ぶのではないでしょうか。

神への信仰心も 結局
他者に自分を肯定してもらいたいという欲求の形。
「信頼」を 絶対者から 得ようとしている
不安の形、寂しさの形、それを打ち消そうとする足掻き。

愛も
それが戯れでなく
真の愛ならば 
絶対的な 信頼関係を 
基底としているべきではないでしょうか。


「絶対的な相互信頼」

それこそ 永久不変の幸せの形
一度築かれた 絶対の信頼は
例え離れ離れに なったとしても
決して消えない だからこその絶対の信頼

だから 本当の幸福は
相互の努力で 築きあげる関係性のことであり
一度築かれれば 永久に心に生き続けるものなのだ。


「絶対的な相互信頼」

個人の幸福も ひいては世界の平和も
それで実現 するのではないか。
私は本気で そう思う。


あなたを 幸せにしたい
それだけを 考えてきた。
飾らずに ストレートに
大切なことを 伝えるなら
「信頼」
なのだと 私は思う。

私は あなたを 絶対的に信頼している。
あなたも 私を――

あなたは 今 幸せですか。
そうあってほしいのです。


⇒Back to "Contents" page



2012/11/18 Sun
2012/11/18(再掲)
イスラエルのガザの大規模空爆、地上侵攻準備。
ハマスの報復によるテルアビブへのロケット弾発射。
両者に反対します。

Stop air strike, Stop ground attack by Israel!
Stop revenge by Hamas!

the_apartheid_wall_02.jpg

パレスチナ分離壁

あの壁がもしカステラだったら
みんなで分けて食べられるのに

あの壁がもしカステラだったら
僕ら子供がこんなに労働しなくて済むのに

あの壁がもしカステラだったら
みんなとお土産の売り上げを競わなくても済むのに

あの壁がもしカステラだったら
僕ら子供がもっと勉強できるのに

あの壁がもしカステラだったら
食べればトンネル掘れるのに

あの壁がもしカステラだったら
食べた穴から手を出して

あの壁がもしカステラだったら
みんなで握手が出来るのに

あの壁がもしカステラだったら
どれだけのカステラが作れるのだろう

あの壁がもしカステラだったら
どれだけのカステラが食べられるのだろう

あの壁がもしカステラだったら
なのになんで壁なんだろう?

あの壁がもしカステラだったら
それは御伽ばなしなのですか?

あの壁がもしカステラだったら
誰かがそう思っていたなら変わっていたはず

あの壁がもしカステラだったら
この言葉は夢じゃないはず

あの壁がもしカステラだったら
壁を作るより食べ物

apartheid wall in Palestine


⇒『パレスチナ分離壁』の記事も参照する

⇒『ブタだって飛ぶかもしれない!』の記事も参照する

Click to Read More [あの壁がもしカステラだったら If the wall is sponge cake]...


2012/11/11 Sun
「正義」だなんて やめないか
真に正しい ことならば
「正義」だなんて 大層な
言葉なんぞは 必要ない

「正義」だなんて egoism
正しさ説明 できぬ時
自分の要求 強引に
通すためにと 使われる

「正義」だなんて 言われたら
時間・空間 文化・価値観
超えて普遍な ものなのか
まずは確認 してみよう

「正義」だなんて 言われたら
正しさ判断 するための
criteriaと evidence
ちゃんとあるのか 着目しよう

「正義」だなんて やめないか
「正義」だなんて 言わずとも
criteriaと evidence
正しさ議論 できるのだ

「正義」だなんて 使うから
そこで思考が 停止する
「正義」だなんて やめないか
「正義」だなんて ぶっ壊せ!!


⇒Back to "Contents" page



2012/08/09 Thu
その人が何であるかは、"その人が何を信じているか"に他ならない。
良くも悪くも。


⇒Back to "Contents" page



2012/02/19 Sun
「アメとムチ」は「支配」するための道具だ。

それを「教育」だと信じて利用する者の、
なんと多いことか。

全く真逆のものであるのに。


⇒Back to "Contents" page



2012/02/17 Fri
ある種の 教育者にとって
教育とは
恐怖軽蔑を 植え付けることなのだ。

教職を聖職と 語るものにとって、
恐怖と軽蔑を 植え付けることが
崇高なる 正義なのだ。

彼らが欲しているのは 「他人を支配すること」であり
彼らにとって教育とは 「それが相手のためだ」と振りかざす
犯すべからざる 錦の御旗なのだ。

我々は 自分で身を守るしかない。
相手は 教育、すなわち恐怖と軽蔑の刻印が
正義であると信じて疑わないのだから。

見極めるのだ。
その教育が 自発的な成長の喜びを促すためのものなのか、
教育者の 意の下に拘束し隷属させるためのものなのか。

見極めるのだ。
聖職という権威に頼って 教育を行う者を。
正義の名の下に 教育を行う者を。
それは時に指導者であり、
それは時に支配者であり、
それは時に親でもあるかもしれない。

見極めろ。
自分のために。
見極めろ。
自分の大切なもののために。
見極めろ。
教育を。教育者を。


⇒Back to "Contents" page



2011/12/29 Thu
人間は自らが生み出したものの奴隷になる生き物だ

AManIsBeingASlave

A man is being a slave of what he made.


⇒Back to "Contents" page



2011/12/07 Wed
寂しさを感じられる人は 幸せです。
あなたは人の愛情を 信じられる人なのだから。
あなたの心を捉えた人が あなたの中に存在している証なのだから。
そんな出会いに 巡り会えたのだから。


⇒『幸福論3』も参照する。


Click to Read More [寂しさは幸せ loneliness is fortunate]...


2011/11/13 Sun
人はこの世の 生き方で
あの世が決まると 人は言う
この世はあの世の 生き方を
決める過程と 人は言う

神はこの世の 生き方で
人を選ぶと 人は言う
あの世で神と 永遠に 
生きる人を 選ぶと言う

疑い知らず 考えず
逆らうことなく 忠実な
下僕になるを 最上の
人を選ぶと 人は言う

選ばれし人は 永遠の
楽園で生きると 人は言う
選ばれぬ人は 永遠の
死を賜ると 人は言う

この世は単なる プロセスか?
あの世のための プロセスか?
奴隷を作る プロセスか?
奴隷を選ぶ プロセスか?

あの世は誰の 楽園か?
誰のための 楽園か?
あの世は人の 楽園か?
神のための 楽園か?

神はどうして 作られた?
なんであの世を 作られた?
何のために 作られた?
何をする場と 作られた?

神自らの 創造物から
純真無垢な 奴隷を選び
純真無垢な 奴隷で満たし
一体何を するのだろう?

あの世は真に 永遠か?
それとも単なる プロセスか?
あの世の先に 行くために
再びふるいに かけられる?

かつての神は ルシファーを
天の国から 堕とされた 
楽園に行った 人たちに
同じことを するだろか? 

永遠だという 楽園の
その先にある 目的は
誰が知って いるだろう?
誰が語って くれたろう?

その先にある 目的を
人はなんにも 知らぬまま
あるものは神の 評価に怯え
あるものは神の 評価に溺れ
あるものは神に 迷いを忘れ
あるものは神に 盲目になる


教えておくれ 楽園の 
その先にある 目的を
与えておくれ 本質を
考えるための 情報を

答えの出ない 闇の中
私は今も 考え続ける

⇒Back to "Contents" page



2011/11/03 Thu
あなたは何で死にますか?
あなたの家族は何で死にますか?
この平和な日本で、日本人を一番多く殺しているのは何ですか?


日本人を一番多く殺しているもの。
それは"がん"。
2人に1人は、一生のうちにがんに罹ります。
3人に1人は、がんで死にます。
その比率は年々高まっています。
2人に1人が、がんで死ぬ時代はもうすぐです。

なのに、なんで学校では教えてもらえないの?

夫婦のどちらか一人はがんになるかもしれません。
あなたの親はがんになるかもしれません。
あなたの子供はがんになるかもしれません。
あなたの兄弟はがんになるかもしれません。
あなたの恋人はがんになるかもしれません。
あたなと私、どちらかはがんになるかもしれません。
がんは誰にとっても身近な病気なのです。
そうなったときにどうすれば良いのですか?

そんなことを、なんで学校では教えてもらえないの?

がんに罹ったらどうなるの?
がんに罹っても、だからといって死ぬわけではありません。
がんと診断された日本人の、
2人に1人は、その後5年以上生きています。
がんの種類によってはほとんどの人が長生きです。
完治するがんも多いです。
でも、がんは再発する病気です。
治ってもその後の経過を見守る必要があります。
つまり、がんは長くお付き合いするものです。

その付き合い方を、なんで学校では教えてもらえないの?

がんと診断された日本人の、
3人に1人は、働ける年齢でがんになります。
多くの人が、がんになっても働いています。
でもその時、あなたの会社はどうがんと付き合ってくれるのでしょうか?

その付き合い方を、なんで学校では教えてもらえないの?

がんの状態によっては、
あなたは仕事ができなくなるかもしれません。
あなたの趣味もできなくなるかもしれません。
あなたのこれまでの生きがいが、もうなくなるかもしれません。
そうなった時に、あなたはどう生きるのですか?

そんな心構えを、なんで学校では教えてもらえないの?

あなたががんになったとき、あなたは開き直れるかもしれません。
でもあなたの家族ががんになったとき、あなたはどうするでしょうか?
人は、自分の事には開き直れても、
大切な人のことには開き直ることはできません。
でもあなたには、がんをどうすることもできません。
どうすることもできない時に、あなたはどう支えますか?

そんな支え方を、なんで学校では教えてもらえないの?

あなたががんになった時、あなたの子供はどうでしょう?
あなたががんになった時、きっとこんな風に思うでしょう。
・お母さんは悪いことをしたから、がんになったの?
・それとも、私のせいで、お母さんががんになったの?
・お母さんは、苦しむの?
・私が良い子にしてたら、お母さんは良くなる?
・それとも、お母さんはもう死んじゃうの?
・お母さんの子供のわたしもがんになるの?
・ねぇ、わたしはどうすればいいの?どうすればいいの!
・怖いよ怖いよ。ごめんなさい。怖いよ。
そんな子供に、あなたはどう語りかけますか?

そんな語り方を、なんで学校では教えてもらえないの?

みんな自分はがんとは無縁と思って生きている。
みんな自分の家族はがんとは無縁と思って生きている。
2人に1人はがんになるのに、
人はその宣告を、その時初めて受け止める。
ごく有り触れたものであることは明らかなのに、
まるで有り得ないことがが起きたかのように受け止める。
まるでそれに触れることが禁忌であるように、
がんを無視して生きている。
無視することが当たり前であるように、
がんを無視して生きている。

だって、学校では教えないことじゃない!

がんは防げないものなの?
がんとはどう戦えばいいの?
がんとはどう付き合えばいいの?
わたしはどう生きればいいの?
あなたががんになったらわたしはどうすればいいの?

「学校で教える」というのは、お役所的に、先生的に、
なんだかいろいろと難しいんだって!
いつまで待てば良いのかな?
そんなに待っていて良いことなのかな?
この瞬間にも、今日もどこかでがんの宣告がされている。
今日は明日はわたしかな。

いいさ、僕たちは学校以外で伝えよう。

待ってられないことだから。
とっても大切なことだから。
不安から目を背けても、余計に恐怖が募るから。
ちゃんと向き合えば、無駄に恐れずに済むことだから。
不安が巻き起こす、パニックを防げるから。
正しく知ることが、余計な偏見無くすから。

いいさ。僕たちは自分で学ぼう。
がん経験者の話を聞こう。
そして、伝えよう。
自分のために、愛する人のために。
大切な人たちの明日のために。


⇒Back to "Contents" page


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。